第二回の展覧会は2013年6月、南カリフォルニアの「ロングビーチ美術館」で開催されています。美術館のエクゼクティブディレクターRon Nelson氏がマイアミでの展覧会に訪れた際に「もっと多くのアメリカの人々に見てもらいたい」と巡回を依頼してくれたことから開催が決定しました。オープニングにはプレスや美術館の会員が多数訪れ、その翌日から一般公開されました。会期は9月1日まで。緑豊かな美術館の庭には、展示会場とは別に5つの作品が並べられており、連れてきた犬とともに「犬のための建築」を体験することができます。また館内のミュージアムショップでは、トラフ建築設計事務所の作品「wanmock」のキットを限定50個で販売しています。