終日の雨でも、熱せられたアスファルトでも、足腰弱い老犬になっても、毎日、飼い主と一緒に散歩に出かけたいのが犬。そんな犬の負担を少しでも和らげてあげられるように、散歩するための犬の家を考えた。風通しの良い木製のかごにタイヤを付け、ふかふかのクッションを敷き、日差しと雨をやわらげる開閉式のシェードを取り付けて、木陰のような快適な場所をつくる。スノコ状の床は出来るだけ低くして地面に近づけ、犬が自ら乗り降りできるようにしている。また、玄関や室内に持ち込んでベッドにも出来る、まさに移動する犬の家。船のような形をしたかごにゆらりと揺られ、飼い主と連れ立って、優雅な散歩を楽しみたい。

1941年生まれ。主な作品: せんだいメディアテーク、TOD’S表参道ビル、多摩美術大学図書館(八王子キャンパス)、2009高雄ワールドゲームズメインスタジアム(台湾)など。現在、台中メトロポリタンオペラハウス(台湾)、みんなの森 ぎふメディアコスモス(岐阜県)等が進行中。 受賞歴: 日本建築学会賞作品賞、ヴェネチィア・ビエンナーレ「金獅子賞」、王立英国建築家協会(RIBA)ロイヤルゴールドメダル、高松宮殿下記念世界文化賞など

TOD'S Omotesando Building(2004) │ Sendai Mediatequw(2001) │ ”Home-for-All” by Kumamoto Artpolis Tohoku Support Group(2011)

SIZE W1073 x D540 x H1020
DIFFICULTY DIFFICULT
FAB. TIME 5-10 DAYS