長さは600mmの細長い「枝」を用いたメッシュ状の「山」である。「枝」同士の凹凸をかみ合わせて六角形と三角形の形状に組んでいくと、生物の細胞のように「枝」同士がお互いを支えあう。釘やボンドを使わずに強度のある「山」ができる。パグはやんちゃで賢く、メッシュを巣として、そして遊具として使いこなす。おもちゃやおやつもメッシュに吊るせる。

1954年横浜生まれ。1979年東京大学建築学科大学院修了。コロンビア大学客員研究員を経て、2001年より慶應義塾大学教授。2009年より東京大学教授。1997年「森舞台/登米町伝統芸能伝承館」で日本建築学会賞受賞、同年「水/ガラス」でアメリカ建築家協会ベネディクタス賞受賞。2002年「那珂川町馬頭広重美術館」をはじめとする木の建築でフィンランドよりスピリット・オブ・ネイチャー 国際木の建築賞受賞。2010年「根津美術館」で毎日芸術賞受賞。現在進行中のプロジェクトに、2010年国際設計競技一等のV&Aダンディー(スコットランド、イギリス)他があり、国内外で多数のプロジェクトが進行中。

Great (Bamboo) Wall(2002) │ V&A at Dundee( - ) │ Yusuhara Wooden Bridge Museum(2010)

SIZE W2175 x D2084 x H800
WEIGHT APPROX. 40KG
DIFFICULTY DIFFICULT
FAB. TIME 5-10 DAYS